So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「破裂」 NHK土曜ドラマ あらすじ [破裂]

ドラマ「破裂」 あらすじをみて 現代医療の実態に
通じるものがあると興味深く視聴した。



ストーリーは
医学史に名を残そうと野望を抱く心臓外科医・香村(かむら)(椎名桔平)が
老化した心臓を若返らせる「夢の治療法」の実用化にむけ研究

心臓外科医・香村(かむら)
「医者は三人殺して一人前になる」という哲学を持ち、
研究の実用化のためなら手段を選ばない冷徹なエリートだ。

しかしその療法は、心機能が劇的に回復したのち、
心臓が破裂して突然死を起こすという香村もまだ気付いていない副作用が潜んでいた。

老人たちがこの副作用で「寝付かず苦しまずに死ねる」ことに目をつけ、
「超高齢化社会の究極の解決」を目指そうとする官僚
「国民生活省のマキャベリ」と呼ばれる稀代の策士・佐久間(滝藤賢一)がいた。

「来るべき超高齢化社会を前に無為無策でいたら、この 国は滅びます。
日本では、延命治療の是非も問わずに医療が無軌道に進歩し、
寝たきり老人が多い。
いかに多くの老人がぽっくり逝きたいと願っているか知っていますか?」――

香村に佐久間は巧妙に近づき、「夢の治療法」を乗っ取ろうと陰謀をめぐらします。

そしてその療法の被験者第一号になる人物は、
心不全で引退状態にあった国民的名優・倉木(仲代達矢)

香村は実は倉木の隠し子。
幼い頃、母親と自分を捨てた倉木を恨んで生きてきた。

二人はおよそ四十年ぶりに再会し、激しく衝突するが、
倉木の死ぬ前にもう一本だけ映画を撮りたいという執念から、
初めての治験が行なわれることになります。

しかし、後になって恐るべき副作用があることが明らかに……。

体内に時限爆弾を抱えた倉木、
時がたち副作用は起こるべきして起こり倉木は亡くなります。

佐久間の陰謀から研究を取り戻せるのか。
そして人は、人生の最期に何を望み、何を見出すのか――?

香村(椎名桔平)を命の危険から救ったのは、
意外な人物でした。

佐久間(滝藤賢一)の「プロジェクト天寿」が大詰めを迎える中、
安楽死法案の国会提出を目前に
ネオ医療センターでは突然死に怯える被験者が出始め、
厨(甲本雅裕)ら職員達にも動揺が広がっています。

治験の中止を事務次官の林田(佐戸井けん太)は命じようとするが、
佐久間に弱みを握られ身動きが取れない状態。

そんな中、香村は元恋人・公子(坂井真紀)と共に佐久間の身辺を洗い、 官房長・城(佐野史郎)に接近

そして最後の勝負に出ます。
ついに、安楽死法案を推進する超党派の国会議員連盟の集会で、
運命の時がやってきました…。

PPG(PピンPピンGゲンキ)が PPP(ピンピンポックリ)







連続テレビ小説 あさが来た 第9週あらすじ [あさが来た]

あさが来た 第9週 11/23(月)~11/28(土)
「炭坑の光」 あらすじ ネタバレ

大阪の加野屋と九州の炭坑を行ったり来たりしながら、
あさ(波瑠)は忙しく働いています。



あさは九州の炭坑で亀助(三宅弘城)から、
サトシ(長塚圭史)の組だけが炭の採れる量が少ない、
という報告を受けます。

炭坑の仕組みを変えたいとあさは宮部(梶原善)に相談しますが…。

そしてあさは坑夫たちの気持ちを少しでもわかるようになりたいと思い、
炭坑に一緒に入り石炭掘りを必死に手伝う様になります。

あさはへとへとになりながらも、坑夫たちと打ち解けていく喜びを徐々に感じはじめます。

あさのことを心配してカズ(富田靖子)や治郎作(山崎銀之丞)は、ある思いを告げます。

あさは驚きますが・・・。

一方、大阪ではひとり寂しく新次郎(玉木宏)が三味線を弾いています。
そしてある時、五代(ディーン・フジオカ)があさを訪ねてやってきます。

あなたは海に一番に飛び込む勇敢な「ファーストペンギン」だと
五代は、あさを勇気づけ、すぐに去ってしまいます。

出ていった惣兵衛(柄本佑)を待ちながら
姉のはつ(宮﨑あおい)は子育てに励んでいると、
あるものを土産に惣兵衛(柄 本佑)が戻ってきます。

ある日、正吉(近藤正臣)は家族みんなを集めて…。
続きはドラマで・・・





大河ドラマ 花燃ゆ 第47回 あらすじ [花燃ゆ]

大河ドラマ 花燃ゆ 11月22日(日)放送
第四十七回 「姉妹の約束」 あらすじ ネタバレ

群馬の人々に美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)の熱意が
少しずつ伝わり、少しずつ様々な取り組みも軌道に乗り出しました。

そんな折、美和に東京にいる久米次郎(市川理矩)から手紙が届きます



美和はその内容に衝撃を受け、[どんっ(衝撃)]
久米次郎の真意を確かめることの目的と寿(優香)の見舞いに上京します。

心に秘めていた思いを寿は美和に吐露します…。

一方、世界経済の不況の影響で
群馬では生糸の相場が一気に下落し、騒動となっていました。[ふらふら]

それは日本経済全体ににも影響を及ぼす大きな危機でした。[どんっ(衝撃)]

群馬の生糸を楫取はアメリカに単身渡っている
新井領一郎(細田善彦)に急遽送り高品質であることを証明して
有力商人のリチャードソンとの大口契約を取り付ける事に成功します。[ぴかぴか(新しい)]

しかし間もなくヨーロッパの生糸の生産が落ち込み
皮肉なことに今度は一気に相場が上がってしまいます。[グッド(上向き矢印)]

リチャードソンとの契約をほごにして、
阿久沢(江守徹)は大量に売りさばいて利益を得ようとしますが
将来の発展のため楫取は信用こそが大事であると説き、
安くても契約通りにリチャードソンに売ることを主張します。

阿久沢と楫取の対決は・・・・。

そして寿は群馬での一大事を知り美和を楫取ののもとに帰します。
それが姉妹の最後となります・・・。

その後、寿の病状が悪化し、
楫取は東京の寿の元へ掛け付けますが 寿を看取ることに[もうやだ~(悲しい顔)]・・明治14年(1881)。

寿の葬儀のあとに久米次郎から寿が生前に書いた手紙を受けとります。
そこには・・<私が死んだあとは美和と再婚してほしいと・・でも書いてあるのでしょうか?>
明治16年(1883)美和は楫取と再婚します。




連続テレビ小説 あさが来た 第8週あらすじ [あさが来た]

あさが来た 第8週 11/16(月)~11/21(土)
「京都、最後の贈り物」 あらすじ ネタバレ



あさ(波瑠)は九州での石炭事業を順調に進めていたが
祖父・忠政(林与一)が危篤という知らせが届きます。[がく~(落胆した顔)]

あさは、すぐに京都に向かいます。
そして姉のはつ(宮﨑あおい)も京都の今井家にやって来ます。

あさは忠政と碁を打っている時、忠政は、あさにある言葉を贈ります。
そして家族全員で忠政の最期をみとることに・・。

京都を去っていくはつ(宮崎あおい)に、
母・梨江(寺島しのぶ)の用意した贈り物とは…。
そして大阪に戻った姉のはつは夫の惣兵衛(柄本佑)と再出発を目指します。

一方大阪に戻ったあさは五代友厚(ディーン・フジオカ)から
「お金で人を応援し、救う」という新しい事業として
銀行の話を聞き、興味を持ちはじめます。[ぴかぴか(新しい)]

そして、あさは加野屋の新しい商いとして、
正吉(近藤正臣)に、銀行経営にのりだすことを提案します。

正吉は悩み決断をだしますが… さて・・・?



その頃、新次郎(玉木宏)は、はつのもとを頻繁に訪ね
子供の藍之助と遊んでいますが… 何故?

一方九州の炭坑では、
サトシ(長塚圭史)の組の石炭を掘る量が少なくなっていきます・・・。
炭坑の支配人の宮部(梶原善)はサトシの働きぶりを気にしますが…。

そしてある日、五代は、珍しいものをもって加野屋にやってきます。
れを見たあさは…。[ひらめき]

続きはドラマで・・・・・・・!


大河ドラマ 花燃ゆ 第46回 あらすじ ネタバレ [花燃ゆ]

大河ドラマ 花燃ゆ 11月15日(日)放送
第四十六回 「未来への絆」 あらすじ ネタバレ

大雨による足止めで美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)が
旅館に宿泊していた夜、
楫取が建設を進めていた生糸の共同施設で火災が発生します。

火災の騒ぎのさ中に楫取の行方が分からなかったことが
火災がおさまったあと、大きな問題となってしまいます。[ふらふら]



そして、美和と楫取が同じ宿に泊まっていたことで、
二人の仲を疑うウワサが波紋を呼ぶことに・・・。

県庁内での楫取の立場は
阿久沢(江守徹)一派がさらに攻勢を強め一層難しくなりました。[どんっ(衝撃)]

美和は義兄を案じ家を出て行こうと考えているところに、
二条窪で農業をしていた頃に楫取が親しくなった中原復亮(堀井新太)が訪ねて来ます。

中原は楫取の窮地を知り助けたいと思い、試験を受けて群馬県庁の職員になろうと思います。

そしてその頃、西南戦争に勝利したものの捕えた士族達の処遇に苦慮した
伊藤博文(劇団ひとり)、山県有朋(永岡佑)らの明治政府は
各府県に引き渡して労役につかせることを決め
群馬県では87名を引き取ることとなります。

楫取は只労役に就かせるだけではなく釈放後の自立の道を与え
職業技能を身に付けさせようと考えるのですが
阿久沢を始め県の職員や周囲にこれも反対されてしまいます。

自らの足で美和は協力先を探して回り
そして阿久沢の妻・せい(三田佳子)にその思いを訴えます。

一方の楫取も孤立する中、捕虜たちを前にその思いを述べ・・・
群馬の農産業の発展に繋げてゆくのでしょうか・・・。



西南戦争とは
1877年(明治10),西郷隆盛を中心とする鹿児島士族の反乱
征韓論により下野した西郷は帰郷して私学校を興しますが,
その生徒が西郷を擁して挙兵,熊本鎮台を包囲したが,政府軍に鎮圧され,
西郷らの指導者は多く自刃してしまいます。
明治初年の士族反乱のうち最大で最後のもの。
以後の反政府運動の中心は自由民権運動に移行します。


前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。